ソフトバンクのシステム障害、申し込み殺到

2006年10月31日

ソフトバンクのシステム障害、申し込み殺到



ソフトバンクがシステム障害で、一時申し込みを中止しましたね。

番号継続(ポータビリティー)制度が始まり最初の週末となった28日、ソフトバンクモバイルで、加入や機種変更など携帯電話の契約に関する一切の手続きができなくなりました。

今日も契約に5時間待ちですよ・・・。確かにソフトバンク同士の通話料無料とメール無料は美味しいですが、そこまでして変える必要はあるのかな〜と思います。

システム停止の理由については、「予想以上に申し込みが殺到した」(ソフトバンク孫氏)ことに加え、家族割引などで複雑なシステム処理が発生したためとしています。

その対策で、当初のシステムより2倍となるシステム増強を実施。さらにソフトバンクは人的な補強も行ったようです。対策費用は数億〜十億円程度になる見通し。

また、他社への通話が割高との観測が高まったことに対応し、11月10日から他社の普及プラン料金に合わせ、他社への発信料を30秒あたり20円へ値下げすることもあわせて発表しました。

さすがにソフトバンクの孫さんはただで転びませんね。しっかりと宣伝も行っています。こういう風に、注目を浴びている内に宣伝するのって、効果あ高い手法なんですよ?

マスコミが勝手に宣伝してくれますからね。・・・無料で。

いずれにせよ、落ち着くまでにはもう少しかかるんじゃないかと思います。個人的には孫さんに頑張って欲しい。ソフトバンクに変えるかどうかは別として、ドコモやauが少しでも安くなれば・・・。そんな期待です♪

posted by エッセンス at 00:43 | 時事ネタ・流行


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。